twitterのメンションも覚えておいて損はナシ!


■twitterのメンションとは?

twitterの「メンション」とは、ツイートの最初以外の部分に「@ユーザー名」を含むつぶやきのことを言います。
例えば「今日は@ユーザー名ちゃんと一緒にパフェ食べにきた☆」というようなツイートのことです。

特定のユーザーに関わる話題をツイートしたいときに使うことができます。
自分のツイートしたメンションは、フォロワーのタイムラインにも表示されます。

しかし、自分に対するメンションはタイムラインには表示されません。
ただ、メンションが行われたときに通知されるように設定することは可能です。

また、自分宛てのメンションに関する情報は、ツイッターの検索機能で
「@ユーザー名」というキーワードで検索するか「@ユーザー名」をクリックするという方法で確認することができます。

ちなみにこのとき注意したいのが、ツイッターのユーザー名・アカウント名は変更できるという点です。
スクリーンネームと呼ばれるこの名前部分は、設定画面からいつでも変更できるため、
相手のスクリーンネームの変更に気づかずにいると、メンションに失敗してしまうこともあるんです。

■メンションとタイムラインとはどう違うの?

タイムラインとは、自分のフォローしているユーザの投稿が時系列順に表示される画面のことを言います。
また、ホーム画面では、自分のツイートだけのタイムラインを見ることができます。

タイムラインには自分が行ったメンションやフォロワーが行ったメンションも表示されています。
タイムラインは、自分+自分とフォロー関係にある人の通常のツイートがすべて見える画面だと考えておくと良いでしょう。

メンションに関しては、自分+自分とフォロー関係にある相手が行ったものはタイムライン上に現れますが、
それ以外のアカウントが行った自分やフォロワーに対するメンションは表示されません。

自分やフォロワーに対するツイートであったとしても、
すべてがタイムラインで確認できるというわけではないことを覚えておきましょう。

■メンションとリプライ、リツイートとはどう違うの?

ツイッターの便利な機能としては、他に「リプライ」や「リツイート」といったものがあります。
どちらも自分以外のユーザーの記事に対するリアクションに関する機能です。

まずリプライは、ツイートの先頭に「@ユーザー名」をつけたツイートのことで、
そのユーザーのツイートに対する返信を表します。
メンションとの違いは、「@ユーザー」名が先頭にあるか文中にあるかということだけですが、
意味合いは少し異なってくるため、使用方法には注意しましょう。

リツイートは、相手のツイートの内容をそのまま自分のタイムラインに流す機能のことです。
メンションを使って相手の名前を挙げて話をするのではなく、
特定のツイートについて話題にしたいときに利用することができます。

■まとめ:twitterのメンションも覚えておいて損はナシ!

ツイッターのメンション機能は、特定の相手に対する話題をしていることを表すことができるものです。
使用することによって自分がその人に関して発言していることを知らせることができ、
相手からの返信を期待することができます。

メールのように相手に直接送るわけではなく、
リプライやリツイートのようにツイートを特定してリアクションをする必要はないため、
気軽に相手に話しかけることができることが大きなメリットだと言えるでしょう。

リプライやリツイートといった機能よりも知名度は低いメンションですが、使い方次第ではとても便利なものです。
ツイッター用語のひとつとしてきちんと身につければ、人に教えてあげることだってできます。
モテるための知識のひとつとして覚えておいても損はないのではないでしょうか。