他のユーザーと円滑にコミュニケーション取るには、プロフィールの情報が必要不可欠


■twitterのプロフィールがフォローワーにも影響する!

twitterは10代、20代を中心に多くのスマフォユーザーに利用されるSNSサービスとなっています。
このTwitterでの他のユーザーと円滑にコミュニケーション取るには、プロフィールの情報が必要不可欠になります。

その理由は、スマホのTwitterアプリで、プロフィールのトップ画像や背景画像、
誕生日などの自己紹介文がユーザーがその人を認識、信用するための情報になるからです。

SNSでは、実際に会って、顔を見て、会話するのとは違い、声や表情などが分からず、信用しづらいです。
ですのでどんな顔、年齢、趣味などがプロフィール上ので情報を頼り、自分の合うユーザーを探してコミュニケーションをとります。
いかにヘッダー画像、背景画像、写真など伝えたい情報や趣味などプロフィールを充実させるかが鍵になります。

■twitterのプロフィールで個性をしっかりアピール!

Twitterアカウントのプロフィールを変更して、
より多くのユーザーの興味を持ってもらうためには、自分の個性、テーマカラーが大切になります。

数多くのTwitterアカウントが存在する中で、より目立つのが自分だけにしかない趣味や性格、
ルックス、その他能力を活かしたヘッダー画像の本人画像やついついフォローしたくなる背景画像の設定、
100字以内でわかりやすい紹介文が大切になります。

特にトップ画と自己紹介文の性格や趣味にリンクした画像だとより認知されやすいです。
また、自己紹介は箇条書きではなく、単語で趣味、性格、やっていること、つい気になるキーワード、
プロフィールのボタンなどの色を統一したりなどが様々な方法でうポイントを押さえて、個性を出すことが大切です。

アクセスやフォロワー、ファン、動画の再生回数などから、アカウント名やユーザー名、デザインだけで
覚えられているひともいるくらいです。

■twitterのプロフィール画像で人気なのは猫!

Twitterでよくフォローがついたり、コミュニケーションが取りやすいのヘッダー画像、
背景、トップ画像が動物の写真です。

その中でもブームとなっている猫の可愛い写真が注目を集めたり、
ユーザーとのコミュニケーションのきっかけとなりやすいです。
猫好きユーザ同士でツイートしたり、写真投稿をしたり、コミュニケーションの幅が広がります。

この猫や犬などの写真やツイートなどは、異性のユーザーとの出会いなどのきっかけにもなりやすく、
趣味や価値観の合う部分で、ガツガツしない程度に距離を縮めるのが大切です。

Twitterのユーザーの多くがあくまでsnsでの気軽なやりとりを楽のしんでいるので、
メールやLINEで友達とやりとりとは違う点だけ認識しておきましょう。

■まとめ:twitterのつぶやきだけでなく、プロフィールも大事!

Twitterのプロフィールの公開で覚えておきたい、アイコン画像やキーワードを色々とご紹介しました。

Twitterでのコミュニケーションでは、自分の写真や文章などの記事投稿も大切ですが、
画像、紹介文がない得体知れないアカウントとのやりとりはし辛いです。

ですのでトップ、ヘッダー、背景画像や自分のことがわかる短く、
わかりやすい紹介文など色々な機能を使ってプロフィールを充実、変更していくのが大切です。
もちろんデスクトップPC版やアプリ版のTwitter画像、アイコンも見逃せません。

いかにも出会い系やTwitter広告などのビジネスを疑うような個性ではなく、
自分な好きなことやリアルではない自分の個性を出たオリジナリティのあるプロフィールを目指しましょう。
Twitterに関わず、相手に知ってもらうために自分がどんな人なのか伝えることが
様々なコミュニケーションやきっかけに繋がるので、一度自分のプロフィールを見直してみましょう。