twitterのリプライはこれからもっと便利になるの?


■twitterのリプライとは?

twitterのリプライとは、特定のユーザーがツイートした内容に対する返信となるツイートのことで、
タイムライン上には特定のユーザー名から始まるツイートとして表示されます。
相手のつぶやきに対する返信ツイートということですね。「リプ」と略されて呼ばれることもあります。

twitterアプリでは、ツイートの一番左側のアイコンから利用することができるようになっています。
リプライを送ることで日記をつくってくれる「リプ日記」というアカウント等も存在し、便利に使うことができます。

同じような機能に「メンション」がありますが、こちらはユーザー名が先頭ではなく
ツイートの途中に入っているつぶやきのことを指します。

メンション(mention)は英語で「触れる」「名前を挙げる」といった意味になりますので、
特定のユーザーに関する話題をつぶやくときに使われると考えておくと良いでしょう。

「リツイート」も相手のツイートした内容に触れる機能ですが、
これは相手の発言をそのまま自分のタイムラインにも表示させる方法で、
自分のフォロワーにも相手の発言内容を伝えたいとき等に使われています。

■リプライは今後、仕様変更を開始!

ツイッターのリプライ機能については、今後仕様の変更が予定されています。
これまでは特定の相手に対するリプライは、
リプライしたTwitterアカウントおよびリプライされたアカウントの両方をフォローしていなければ、
その内容が自分のタイムラインに表示されることはありませんでした。

しかし変更後はこの仕様が変わり、「@ユーザー名」で始まるリプライであっても
通常のツイート同様フォロワーのタイムラインに表示されるようになるということです。

リプライの相手側をフォローしていなかったとしても、
リプライした側をフォローしていればそのツイートがタイムラインに載るということですね。

これまでは、誰かに対する返信であってもフォロワーに見て欲しいという場合は
「. @ユーザー名」として投稿していましたが、そうする必要がなくなるということのようです。

■リプライはこれからもっと良くなる?

このリプライ機能の仕様変更に関しては、賛否両論が巻き起こっているのが事実です。
しかし、使い方によってはより便利にtwitterを利用することができるのではないでしょうか。

例えば、好きな作家さんや芸能人などをフォローしている場合、
彼らがフォロワーとどんな風に交流しているのかということが気になる人も多いはず。

わざわざその人のタイムラインを見に行くことなくリプライも確認できるとなると嬉しいですよね。

また、twitterでは誰かと議論を行うこともありますよね。
そんなとき、タイムラインの画面に二人のリプライが表示されることによって、
リプライを送り合っている二人だけではなく幅広い人の意見を募ることができます。
少数間でのリプライの応酬によって、議論が行き詰ることを避けることもできるのではないでしょうか。

■まとめ:twitterのリプライもしっかり機能を覚えておこう

リプライ機能は、特定のユーザーとの会話を楽しむためにはなくてはならないものです。
しかし仕様変更後は、鍵をかけているアカウントへの返信もフォロワーには丸見えになってしまったり、
リプライばかりで他人のタイムラインを埋めてしまったりと、
意図せずして相手を不快にさせてしまう可能性もあります。

他人の記事をフォロワーに見せたい場合にはリプライやリツイートを使い、
見せたくない場合にはダイレクトメッセージを使って返信をするといったように、
時と状況によって機能の使い分けをすることが重要です。

twitterの機能の正しい使い方を学び、自分だけでなくみんなが快適に楽しくtwitterを利用できるように注意しましょう。
Twtitter用語集やルール、投稿フォームでの発言、通話などのキーワードを紹介する
記事やサービスもネットにはあるので、調べてみるのもおすすめです。